ちょうどいい時まで

暮らしのちょうどいいを探す

娘から学ぶ。モノ選びから発生するストレスを減らす。

スポンサーリンク

近頃なんでも自分でやってみたい2歳の娘。

食事時になると台所へ侵入してきます。
 
食事に使うカトラリーを自分で選びたいのです。
 
引き出しを開けてゴソゴソ物色。
他のモノは荒らされたくないので私の作業はそこでストップ。とりあえず見守ることに。
 

モノが多いと選ぶのに時間がかかる

食卓で使うカトラリー類は現在このようになっています。
f:id:akisan01:20160122235759j:image
カテゴリー毎にトレーで分けてあり、
娘のモノは奥にあります。
 
このトレーから選ぶわけですが
毎回「これはー?」「これなんだー?」と始まります。
平日の一分一秒でも早く仕度を終わらせたい母ちゃんはイライラします。
 
そもそも、色々なモノが入っている為
娘の興味を引いてしまい、選ぶのに時間が
かかります。
 

選択肢を減らし選ぶ時間を短縮

娘は選ぶのが楽しげですが、
母ちゃんのプチストレス解消の為にするべき事はただ1つ。
選択肢を減らせばいいのです。
 
良く考えてみれば(考えなくても)
月齢に合わないものは使いにくいので
大事にとっおいても今後も使うことはありません。
 
f:id:akisan01:20160123233339j:image
①②娘のスプーンフォーク
③何故かとってあった薬用計量カップ
④カトラリー用トレー3つ
⑤計量スプーン
ついでにこれらを手離し収納見直し。
 
このようになりました。

f:id:akisan01:20160123233944j:image
カトラリーを整理したことにより
 
母ちゃんのプチストレスが解消
「早く‼」と急かされる事が無くなり娘のストレスも軽減
気持ち良く食事がスタートできる
 
些細なことですが、
良いサイクルが出来上がりました。
 
大袈裟過ぎるでしょうか。
 
 
カトラリーどれぐらい持っていますか?