読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょうどいい時まで

ミニマム&シンプルを目指してちょうど好い加減探し

訪問販売に注意!実際に体験したディスポーザの押し売り

スポンサーリンク

おはようございます。 

昨日、ディスポーザーの記事をアップして思い出しました。

akisan01.hatenablog.jp

 前の家で実際に体験した訪問販売。訪問販売の全てが悪い訳ではありませんが、悪質な業者もいるので参考までに紹介します。

 

ターゲット

f:id:akisan01:20160819225719p:plain

今回のターゲットはディスポーザ(生ゴミ処理機)が備え付けられていないマンション。
新築マンションでも、ついていない物件あるので、そこを狙ってます。
一戸建ての友人宅にも来たと言っていたので、戸建でも油断はできません。

マンション管理会社の関連会社を装ってくる

いかにも、関連会社でござい!みたいな服装でそれらしい(紛らわしい)社名を名乗っていました。
あとから冷静に考えるとハッキリ会社名を名乗らなかったです。
それらしい名前を適当に言って、勝手に勘違いさせておけみたいな感じです。

ウソの「事前にチラシ投函しました」

「事前に、訪問日時をお知らせする為のチラシを投函したんですが、見てませんか?全戸配布たんですが…」
はい。見てません。
我が家の場合は旦那がポストを開けたとしても、明らかな広告以外は絶対に捨てません。
ましてや、マンション管理会社からの訪問連絡だとしたら尚更。

そもそも、そんなチラシは投函されていないのに、「見てない貴方が悪い、わざわざ再訪問してるんだから話ぐらい聞いてくれ」ぐらいな感じで言われました。

常に上から目線。

その場で契約させようとする

 ディスポーザーがいかに便利かを力説。
今時のマンションはみんなついている。
今回訪問したお宅〇〇件中〇〇件は契約した。
取り付けしない方がおかしい。

などと、とにかく今すぐ契約させようとします。
この辺りで、ようやく、あ、悪質訪問販売だ!と気づきました。
おそい!

断ると態度豹変

工事や代金の発生する事はいますぐ契約できない(私の一存では決められない為)と伝えて、なるべく穏便にお断り。こちらは穏便に済ませたいので柔らかくお断り(したつもり)しましたが、かなりしつこく、最後にはいりません!とキッパリ!

すると、態度豹変。「自分の裁量で決められないなんて貴方の家はおかしい」というような事を言い残し、挨拶もせず、名刺もパンフ類も残さず、捨ぜりふで去って行きました。

まともな営業マンなら、いつかは顧客になるかもしれない人に対して捨ぜりふは無いはず。

普通に考えて十万単位の契約を一主婦の裁量で決めますか?少なくとも我が家は無理です。

そもそもディスポーザは後付できるのか。

f:id:akisan01:20160819225852p:plain

私の住んでいる地域はディスポーザー(粉砕破砕処理した上で、下水に流すタイプ)単体では設置しないようにとのお願いがでています。

横浜市 環境創造局 ディスポーザの設置について

横浜市 環境創造局 下水道と河川のFAQ ディスポーザを設置していいですか?

【ディスポーザー+処理槽】

現在住んでいるマンションはこのタイプ。マンションの下に処理槽が設置されています。後から設置するとなると大変そうなイメージです。

【ディスポーザー+乾燥装置】

後付できそうですが、基準に合致したメーカーの商品のみ。

どちらのタイプも事前に届出が必要とのこと。後付は結構ハードルが高そう。そんなに簡単に設置できるものじゃありませんね。

まとめ

ディスポーザの訪問販売、あんまりいい話は聞きません。間違ってもその場で契約しないように。家に入れないのが一番です。
(おバカな私は玄関開けて家に入れちゃいました。おそろしや〜)
 あまりにもしつこく、恐怖を感じた為思わず契約してしまった、早く帰って欲しくて契約してしまった、などの場合はクーリングオフできるか確認してみましょう。

とにかく、訪問販売はその場の勢いで契約するのは危ないです。冷静に対処しましょう!

 

以上、実際に私が体験したディスポーザの訪問販売でした。おしまい。