読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょうどいい時まで

ミニマム&シンプルを目指してちょうど好い加減探し

インテリアの雰囲気を変えたい時はファブリックパネルがおすすめ

スポンサーリンク

おはようございます。

昨年参加したワークショップで作成したファブリックパネル。

インテリアカラーレッスン&ファブリックパネル作りワークショップに参加。カラーコーディネートの楽しさを改めて実感 - Just right!

ようやく飾る場所が決まったので紹介します。

リビングの飾り棚に

リビングに無印良品の壁に付けられる棚を設置しています。

ここはクリスマスまではこんな感じ

我が家で唯一のディスプレーコーナーを公開!お、値段以上ニトリで一足お先にクリスマス。 - Just right!

クリスマスカラーの赤と緑は封印。木とフェルトでナチュラルな雰囲気でした。

ここに、ファブリックパネルを置くことにしました。

f:id:akisan01:20170104212102j:image

雰囲気を変えたい時はファブリックパネルが便利

白と木のナチュラルインテリアに赤が入るとパッと明るくなります。

小さな小さなパネルですが、一つ取り入れるだけでもだいぶ雰囲気が変わります。

大きさで飾る場所を変える

当初、廊下かリビングの壁に飾ろうと考えましたが、いかんせん小さ過ぎました。

真っ白い壁にポツンと一つではさすがに寂しい感じ。

同じサイズで3つあったら、良かったかも。

もしくはもう少し大きいサイズなら広い壁に掛けてあってもいいかも。

飾り棚は一ヶ所だけで簡単管理

素敵なインテリアに憧れますが、あちこちあると管理もできないし物も増える。

一ヶ所だけに留めておくことで、飾るものも増え過ぎず、掃除も簡単。管理が楽にできます。

なるべく季節感は出したいと思いますが、この一ヶ所だけで、楽しめたらいいなと。

f:id:akisan01:20170104212118j:image

四角いものばかりでなんとなく変?

ファブリックパネル次第ででもいいかも。

このあたりの美的感覚が無いのが残念なところ。

まあしょうがないですね。勉強次第かなと。

おわりに

小さなパネルですが、一つあると雰囲気がガラッとかわります。

季節によってファブリックを張り替えるのもいいかも。

パネル自体は使い回し可。

布を張り替えればパネルをいくつも用意する必要がないので、保管場所を取らなくていいですね。

ただし、今回のようにタッカー(巨大ホチキスみたなやつ)で止めてしまうと布に穴が空きます。

布の使い回しはできないかもしれないので、注意。

 

以上、小さなファブリックパネルの紹介でした。おしまい。