読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょうどいい時まで

ミニマム&シンプルを目指してちょうど好い加減探し

ミニマル、シンプルを目指す我が家にキッチンバサミが2本ある訳

スポンサーリンク

おはようございます。

今日はキッチン鋏の話です。

f:id:akisan01:20170208204236j:image

 最初は左のヘンケルスのハサミを使っていましたが、次第に切れ味が悪くなってきました。

原因は後述。そこで買い換えたのは右のキッチンスパッター。

オールステンレスで分解可能。清潔に使えることが決め手になりました。

本来は買い換えたら古いものは処分。ですが、捨てずに今も活用しています。

我が家にキッチンバサミが二つある訳を紹介します。

食材専用

f:id:akisan01:20170208204300j:image

キッチンスパッターを購入してから食材以外は切らないと心に決めました。

キッチンバサミで何を切りますか?

私は食品のパッケージ(ビニール類)や資源ごみとして出すために開かなければならない牛乳パック、ヨーグルトパックなども切っていました。時にはプラスチックトレーも。

食材以外のものを切っても洗えばいいやと思っていたので、キッチンでなんでも切っていました。

すると、切れ味がだんだん悪く…、肉が切れない!

まあ考えればわかりそうなものですが、その時は何も考えていませんでした。

 古いキッチンバサミはパッケージ用

f:id:akisan01:20170208205413j:image

この肉が切れないハサミは、パッケージ専用に。

普通の紙切りハサミでも牛乳パックは切れるけど、結構力がいるので、大きなキッチンバサミの方が切りやすいです。

紙やパッケージを切る分には問題ない切れ味なので、そのまま使うことにしました。

誤解のないように書いておきますが、ヘンケルスも切れ味は良かったです。私が色々なものを切っていたので、刃こぼれしており、切れ味が落ちたというだけですよ。

キッチンスパッター切れ味の秘密

f:id:akisan01:20170208204551j:image

どちらもギザギザの刃ですが、

左がヘンケルス、右がキッチンスパッター。この大き目のギザ刃が、切る時に食材が滑らず肉もスパッと切れます。

購入したのは1年前以上前。

akisan01.hatenablog.jp

 切れ味が落ちることなく使えています。切れ味を落とさないよう、余計なモノは切らないに限る。

おわりに

子供の頃、「裁ちばさみ(裁縫用の大きなハサミ)で紙を切ってはだめ」と言われていた方も多いのでは?

私も母によく言われていました。裁ちばさみで紙を切ると切れ味がおちるのですね。

なるべく物は増やさないように心がけていますが、はさみは用途別に持つようにしています。

という訳で、キッチンハサミは2本、裁ちばさみは1本、紙用が大人1本、子ども1本、髪用がストレートとスキ刃で2本。合計7本の我が家でした。

改めて数えてみるとずいぶんありました…。

(注)ハサミは一丁(挺・ちょう)と数えますが、最近は本で数えるのが多いそう。

ブログでは1本としてみました。