ちょうどいい時まで

暮らしのちょうどいいを探す

季節の手仕事。梅干を漬けました。初めてでもオススメの方法あります。

スポンサーリンク

f:id:akisan01:20170625221502j:image

先週、注文していた梅3Kgが届きました。

届いた時は少し青かった梅が、追熟で写真の通り、キレイな色に。

部屋中いい香りが漂っていました。

家にこもって梅仕事

結婚してから毎年梅干を漬けているのでかれこれ、8回目。(9回目かも?) 

梅干と言えば、田舎の味。昔ながらの保存食としての酸っぱい梅干です。

冷蔵庫に保管しないとカビが生えるような梅干は、私の中では梅干ではなく、梅のはちみつ漬けです。

雨の日曜日にはぴったりな家仕事です。

食育にも梅仕事

 f:id:akisan01:20170625221520j:image

先週、保育園の調理保育で梅ジュースを作ったようです。

生り口(なりくち)の掃除が園児の仕事だったよう。

てつだう!やる!できる!

と、高らかに宣言するので、お手伝いしてもらいました。

梅の実を傷つけることなく、上手に作業していましたよ。

覚書レシピ

我が家の梅干は、しょっぱい酸っぱい昔ながらの味です。

  • 梅 3Kg
  • 塩 540g(梅の18%程度)
  • 焼酎(35度のホワイトリカー使用)適量(今回は180㏄程使用)

仕込み後はこのような感じです。

これに重石と蓋をして、梅酢が上がってくるのを待ちます。

f:id:akisan01:20170625221543j:image

保存容器の消毒はアルコールスプレーで

通常、容器の消毒にはホワイトリカーを使いますが、パストリーゼを噴霧して済ませてしまいました。

アルコール度数77度なので、コレでいいんじゃないかという次第。

塩分濃度が低い場合は、しっかり消毒しないとカビが発生するので注意。

袋漬けもおススメ

始めてつける場合や、保存容器が無い場合は袋漬けがおススメです。

梅1Kgがジップロックの大にちょうど入ります。

液漏れに備えて袋は二重に。

昨年まで保存容器がなかった(手作り味噌が入ってたから)ので冷蔵庫の野菜室で、適当な野菜を重石替わり(笑)にして作っていました。

塩分濃度を15%から18%にして冷蔵庫で保管すれば、ほぼ失敗しないので初めて漬ける場合は袋漬けがおススメです。

 

今年初めて3kgまとめて漬けたので、カビが発生しないか少し心配です。

おわりに

これで梅仕事は全て終了です。

今年の梅干ができあがるまでは去年の物を楽しみます。

同じように作っているつもりでも、梅の品種や塩分量、もみ紫蘇の有無で出来上がりに結構差がでます。

ですが、それも楽しみの一つ。手作り保存食ならではの楽しみです。

おまけ

娘にせがまれて、梅ジュース(梅シロップ)も仕込みました。

使ったのはキビ砂糖ですが…

なんか変じゃないですか?こんなもん?

 f:id:akisan01:20170625221556j:image

人生で梅シロップを漬けたことがないので正解がわからず。

コレで本当にシロップが出来上がるのか怪しいものです。

黄梅で漬けてる時点で変ですが…

出来上がりはまた報告したいと思います。