ちょうどいい時まで

暮らしのちょうどいいを探す

ワイドパンツやスカーチョ、トイレでの不便をコレで解消

スポンサーリンク

ワイドパンツ、スカーチョ、ガウチョ、などなど、ゆったりしていて、長め丈のパンツが、流行ってますね。

私も休日用に2着持っています。

涼しいし動きやすいしで、夏にぴったりですが、実際に履いてみると一つだけ不便が!

それはトイレです。

トイレでズボンを降ろすと…す、裾が床に‼︎‼︎‼︎

家のトイレならまだしも、外のトイレで裾が床につくのは避けたいですよね。

家にあるアレを一つバックに忍ばせておけば解決です!

洗濯ばさみ一つでトイレの不便を解消します!

お出かけ時にカバンに忍ばせておきたいアイテムとは洗濯ばさみです。

どこのおうちにも一つはありますよね。

使い方

想像はつくと思いますが、一応紹介します。

実際履いているところで解説するわけにいかないので、想像しながらご覧ください(笑)

f:id:akisan01:20170720075902j:image

裾をウエストあたりまでたくし上げて、洗濯ばさみでウエストに留めます。

これだけ!

 f:id:akisan01:20170720075907j:image

ちょっとわかりにくいですが、真ん中の白いのが洗濯バサミです。、

コレで安心してズボンを下ろせます(笑)

ウエストに入れ込んでもいいのですが、ズボンを下ろすと落ちてくるので気が気ではありません。

なので洗濯ばさみがあると安心です。

浴衣の時にもおススメ

洗濯ばさみで裾を留める方法は浴衣でトイレに行くときにもおススメ。

浴衣はズボンを下ろすわけでは無いですが、たくし上げた裾と袂(たもと)を気にしながらはちょっと大変。

裾を一枚ずつめくりあげたら洗濯ばさみで帯に留めてしまうと楽です。

浴衣のみならず、成人式や結納で着物を着せてもらった時もこの方法で乗り切りました。

くれぐれもめくりすぎには注意。はだけてしまいますよ(笑)

おわりに

ちょっとしたことですが、持っているとトイレでのストレスが格段に軽減されます。

布が挟めるものなら何でもいいのですが、洗濯ばさみが手っ取り早くておススメです。

よろしければお試しください。