ちょうどいい時まで

暮らしのちょうどいいを探す

今週のつくりおき常備菜と献立の考え方

スポンサーリンク

 

毎週金曜日はその週のつくりおきおかずを紹介しています。

作るのは日曜夕方に、夕ご飯と並行して。

野菜を使った副菜をメインに使っています。

副菜があれば、メインの肉か魚を焼いてる間に、汁物を作る。

そして、副菜を添えれば立派な夜ご飯に。

平日はいつもこのパターンです。

それでは、今週のつくりおきの紹介です。

f:id:akisan01:20180309054528j:image

汁物

野菜のトマト煮込み

f:id:akisan01:20180308140629j:image

「ミネストローネ」などと言うオシャレなものではありません。

残っていた根菜と玉ねぎ、ブロッコリーの茎、ウインナーをカットトマトとコンソメで煮込みました。

16cmの鍋一杯作って、2回分でした。

味噌汁セット

f:id:akisan01:20180308172832j:image

先週作ってみたら便利だったので、今週も。

具は、

  • エノキ
  • ヒラタケ
  • ネギ
  • 白菜
  • 油揚げ

緑のおかず

キャベツとワカメのナムル

f:id:akisan01:20180308140654j:image

茹でたてキャベツに乾燥わかめを混ぜて、レモン汁と顆粒コンソメで合えました。

乾燥わかめは茹でなくても、キャベツの水分を吸ってくれて丁度良い仕上がり。

茹でブロッコリー

f:id:akisan01:20180308140700j:image

茹でほうれん草

f:id:akisan01:20180308140749j:image

茶色のおかず

里芋と豚肉の甘辛炒め

f:id:akisan01:20180308140733j:image

里芋を豚肉でボリュームアップ。主菜になる一品です。

豚バラを炒め、色が変わったら取り出し、レンチンして柔らかくしておいた里芋を炒めます。

豚肉を戻して、砂糖、みりん、醤油で甘辛よ味付けにすれば完成

さつまいものレモン煮

f:id:akisan01:20180308140902j:image

さつまいもを少量の砂糖(またはハチミツ)で煮て、火を止めたらレモン汁を加えるだけ。

おかずにもなりますが、オヤツにも。

 

献立は考えない

つくりおきおかずを作るときの買い物ですが、私の場合、献立は全く考えていません。

 

  1. その時に安い食材を買う
  2. 買ってきたものを広げる
  3. 作るものを考える

 

全く参考になってませんが、献立を考えて買い物に行くのが非常に苦手です。

というか、面倒くさいので、考えないだけ。

 

買ってきた食材と冷蔵庫にあるものを出します。

f:id:akisan01:20180308172222j:image

片っ端から使う(笑)以上!

おわりに

何を作ろうか考えてると、面倒くささが先に立ってしまい何もはかどりません。

毎週つくりおきをしてはいますが、私にとって料理は面倒だと感じる家事のひとつ。

料理は買い物に始まり、片付けまで、とてもやることが多いです。

少しでも楽に料理をする為に、【献立を考える】という面倒な作業を一つ省略です。

 

以上、今週のつくりおき常備菜と、おかずの決め方を紹介しました。

参考になれば嬉しいです。