ちょうどいい時まで

暮らしのちょうどいいを探す

長い柄のおかげで使いやすい、無印良品の計量スプーン

スポンサーリンク

f:id:akisan01:20180225011040j:image

少し前のことですが、無印で計量スプーンを購入しました。

長い柄が邪魔なんじゃないかと長らく思ってましたが、正反対。

使いやすい計量スプーンでした。

 

 

長い柄だからこそ使いやすい無印の計量スプーン

持っている計量スプーンと比べてみます。

f:id:akisan01:20180313200450j:image

我が家の保存容器はこちらのフレッシュロック。

緑のスプーンはフレッシュロックを購入した時に、一緒に買ったもの。

緑のスプーンを購入したのはなぜ?と昔の私に言いたい(笑)

このサイズ、フレッシュロックに入れっぱなしにするにはちょうどいいサイズ。

すっぽり収まります。

保存容器にスプーンを入れておけば、すぐ使えて便利ですが、取り出しにくくてプチストレス。

短い柄のスプーンは掴みにくいです。

 

無印の柄の長いスプーンですくう方が使いやすかった。

f:id:akisan01:20180313200052j:image

スプーンを入れっぱなしは不衛生かもしれない

調理中、手を洗っているとは言え、手で触った物を調味料の中に戻すのに、なんとなく抵抗を感じます。

今更という感じですが、これは前から薄々感じていたので辞めることに。

無印の計量スプーンは柄が長いので、サッとすくえます。

調味料を混ぜるのにも使える

合わせ調味料作る時って、何で作りますか?

計量カップに計り入れてますか?

計り終えた調味料混ぜる必要がありますよね。

ボウルで混ぜるとなると、手を離すとスプーンが調味料にドボン。

f:id:akisan01:20180313200624j:image

調味料はいってないけど…想像でお願いします(笑)

毎回面倒だったので、柄の長い計量スプーンで一気に解消です。

おわりに

料理は最高一日3回、一年で1095回!

(外食したりするから実際にはもっと少ないけど)

 

料理しなくていいなら、したくない!と常々思っているので、プチストレスは少ない方がいいな決まっています。

 

今回は計量スプーンの柄の長さを変えただけという、ほんのちょっとしたことですが、調理中のストレスは軽減されました。

 

長い柄が邪魔かと思いきや、逆に使いやすかった無印の計量スプーンの紹介でした。