ちょうどいい時まで

暮らしのちょうどいいを探す

持ち歩きをコンパクトに。崩れにくいヴァントルテミネラルシルクファンデーションを購入

スポンサーリンク

ファンデーションがなくなったので、同じものをリピートするつもりでしたが、ちょっとした浮気心が…

というわけで、パフでつけるヴァントルテのミネラルシルクファンデーションを購入しました。

1週間ほど使ってみた感想などを。

 

低刺激のミネラルシルクファンデーション

ミネラルファンデはブラシでつけるタイプが多い中、ヴァントルテはふわふわのパフでつけます。

f:id:akisan01:20180714205144j:image

パフが付いているお試しセットと、別売りのケースを購入。
f:id:akisan01:20180714205200j:image

詰め替え

お試しセットは2色選べますが、あえて同じ色(ハイライトベージュ)を購入。

2袋ともケースに移しかえ。

f:id:akisan01:20180714205148j:image

2袋分でこの量です。

1ヶ月ぐらい使えるかな…

パフをセット。

f:id:akisan01:20180714205151j:image

飛び散り防止のネットとプラスチックの内蓋があるので、持ち歩きも問題なし。

 

ピタッと密着処方で崩れにくい

真夏に汗ダラダラ…気づけば化粧も流れてた!

なんてことは、できれば避けたいですよね。

でも、このミネラルシルクファンデーションは崩れにくい。

営業という仕事柄、日中の外出で紫外線を浴び汗をかく、室内に戻れば冷房で冷やされるという、肌にとっては結構過酷な環境。

そんな過酷な環境故、朝から夕方まで化粧直しをしなくても長持ち!はさすがに無理でしたが、比較的化粧崩れはしにくい(自分非)

他のミネラルファンデに比べて、粉がしっとりしています。

詰め替え時に塊ができていたのがその証拠。
(ほかのミネラルファンデはサラサラとした質感)

ファンデには一部塊がありますが、肌につける時にはパフでムラなくつけることができます。

 

濃いシミはミニブラシで重ねづけ

f:id:akisan01:20180718004917j:image

ブラシは別メーカーのものですが、白い柄とコシのある毛先がお気に入り。

頬骨の位置にファンデーションだけでは隠し切れないシミがあります。

下地クリームは塗りますが、ミネラルファンデだけではどうしてもカバーできません。

そんな時にはブラシの出番。

パフで顔全体に塗る前に、気になる箇所にブラシでファンデーションをチョンチョンとつけます。

その後全体に塗ればOK。

コンシーラーほどのカバー力はもちろんありませんが、ピンポイントで重ねづけする方が、シミが気になりません。

 

おわりに

オンリーミネラルのファンデーションをリピートする予定でしたが、スキンケアもシンプルなユキコさんの肌断食×敏感肌のファンデーション。 : ゆとりあるシンプルな暮らしを読んで、ヴァントルテに決めました。

 

ミネラルファンデは化粧直し用に持ち歩くと、どうしてもブラシが必要になります。
でも、ヴァントルテならそれも不要。

崩れにくい上にコンパクト。
日ごろから荷物の多い私には嬉しいミネラルファンデでした。