ちょうどいい時まで

暮らしのちょうどいいを探す

ちょっぴりお高い。でも使い心地抜群のキッチンスポンジ

スポンサーリンク

f:id:akisan01:20170702202457j:image

いつも浮気をしていたキッチンスポンジ。

ですが、ここのところ1つに落ち着いているので紹介します。

亀の子束子が作る【亀の子スポンジ】

f:id:akisan01:20170702202624j:image

亀の子タワシはご存じの方多いと思いますが、スポンジです。

亀の子束子はこんな会社。

弊社は明治40年に、初代社長西尾正左衛門のアイデアから生まれた「たわし」の販売を始め、以来この亀の子束子を中心に多くの洗浄用品、日用雑貨をを全国の家庭にお届けし「より快適な生活を提供する」ことを目的に品質の安定向上、新製品の開発に努めてきました。

会社概要 | 亀の子束子西尾商店

亀の子束子、おばあちゃんのさらにその昔からある代物だったんですね。

それが進化して、今ではスポンジも作っています。

そんなスポンジがとっても使いやすいので紹介します。

銀イオン効果でキレイ

Ag+(銀イオン)が抗菌力を発揮してくれる模様。

食器洗いスポンジは常に清潔に保っておきたいので、これは嬉しいですね。

ヘタリにくい

なんといってもスポンジの使い心地はヘタリにくさにかかっています。(ホントか?)

100均のネットスポンジはとっても安くて(5個で100円ほど)いいのですが、1週間もしないうちにヘタってしまいます。

すぐヘタるので、シンク→コンロ→洗面台→トイレの順に掃除してポイしていました。

要は1週間の使い捨て。

ですが、亀の子スポンジはとにかくヘタリにくい!

どれぐらい使ったか忘れてしまいました(変え時がわからず結構長い間使っています)が、新品と比較。

ヘタリ具合は、あんまりかわりません。

f:id:akisan01:20170702202510j:image

左が新品です。比べると変色してるのがよくわかる(笑)

ちょうどいい手のひらサイズ

ヘタりにくいスポンジとして、ブロガーさんの間で有名なのはサンサンスポンジ。

私も以前使っていました。

黒っていうのも、食材の色移りを気にしなくていいので〇

期間限定で白も発売しているようですね。

ちっともヘタらないので、平気で1年ぐらい使えちゃいます。

そんなサンサンスポンジですが、私の手にはちょっと大きくて握りにくい。

亀の子スポンジは一回り小さく、程よい厚みと弾力で握りやすく洗いやすい。

色展開

亀の子スポンジは白、グレー、オレンジ、グリーンの4色。

ですが、店舗ではグリーンを見た事がないです。

オレンジは銅イオンとの記載あり。銀イオンと何が違うんだろう…

白は使い始めはいいのですが、だんだん黄ばんでくるのがネック。

やっぱりグレーがいいかなと思いつつ、両方買いました。

店舗では1つ300円ほど。ネットだと割高かも?

 

おわりに

食器洗いスポンジとしてはちょっとお高めですが、使い心地が良かったので紹介しました。

「どこでも買える」というスポンジではない(あまり店舗ではみかけない)ので、もう少し気軽にお手軽に買えるようになると嬉しいものです。