ちょうどいい時まで

暮らしのちょうどいいを探す

本ページにはアフィリエイト広告、PRが含まれます。

人生初の大腸カメラ体験レポ

スポンサーリンク

f:id:akisan01:20240512205629p:image

40歳を過ぎてから毎年人間ドックに行っています。

今年は初めて大腸カメラをオプションで追加。

検査の3日前から食事に関する注意事項があったのですが、まあコレが意外とストレス。

面倒くさいので、よほどのことがなければ、来年はまあ受けなくていいや…となりました。

ただ、大腸カメラのおかげか、嬉しい出来事もありましたので、参考までに〜。

お食事中の方はご注意ください。

検査前の食事について

当日病院内で、腸の洗浄液を服用し、腸内がキレイになったところで、検査するというモノでした。

食事についての指示は前日のみの場合もありますが、今回は3日前から注意してくださいとの指示。

こんなお知らせをもらいました。

f:id:akisan01:20240512200506j:image

3日前から消化の悪いものは控える

  • 種のあるモノ(いちごやトマトなど)
  • 飲み物(果汁100%ジュース、乳製品)
  • 繊維の多いモノ(根菜、きのこ類、葉物、海藻など)

コレらは控えてくださいとのこと。

家にいればどうにでもなったのでしょうが、出社していたので、「何を食べればいいんだ?」となりました。

実際に食べたのもは以下の通り。

【3日前】

いつも通りの食事、量は少なめに。ビールも飲んだ

【2日前】

朝:食パン(バター)、バナナ、コーヒー(ブラック)

昼:素うどん、鶏ささみ天

間食、飲み物:プレーンヨーグルト、コーヒー、炭酸水

夜:何食べたか忘れたけど、ビールも飲んだ

【前日】

朝:食パン、バナナ、コーヒー(ブラック)

昼:サンドイッチ(たまご、ツナ)サラダチキン、りんご(全てコンビニで購入)

夜:卵入りうどん、焼き鮭

 

2日前の夜に食べたものは忘れたけど、ビールを飲んだことだけは覚えてます(笑)

アルコールですが、控えたほうが良いとのことだったので、前日はやめました。

3日間の食事で感じたこと

  • 外食やコンビニでは食べられるものがほとんどない
  • 自分が食べないのに、家族の食事の支度をするのが1番のストレスに
  • 家にいれば、なんてことはない
  • 前日は検査食を使ったほうがラク

消化のいい順に、

糖質→たんぱく質→脂質

とのことで、脂質は控えめにしましたが、見ると食べたくなるんですよねぇ。2日前はうどん屋さんに行ってとり天食べちゃいましたよ〜。

おまけに、前日のツナサンドには多分玉ねぎ入ってました。

検査食の存在はユキコさんのブログで知りました。

お金はかかるけど、考えなくてもいいからラクかもしれません。

検査当日の様子

前日の21時にあらかじめ配布されていた下剤を服用。

当日は胃と大腸のカメラ以外の検査項目を終えたところで、腸の洗浄液(下剤)の服用をスタート。

 

1時間かけて下剤を2L飲み、その後はトイレと待合室を行ったりきたり。1時間で2Lもの水分をとるのが一番キツかった。もちろん出るモノもあるけれど1L飲んだあたりから、お腹が苦しくなってしまいました。

その間、3回ほど看護師さんが便の様子を確認し、検査OKな状態になったら、いよいよ大腸カメラです。

 

鎮静剤の使用をお願いしていたので、眠ってる間に終わるはずでしたが、途中で覚醒してしまい、運良く(?)自分の腸内を観察することができました(笑)

意識は若干朦朧としていましたが、腸内って案外キレイなんだな〜なんて思いました。薬を使って着色する様子も見ることができました。

下剤を飲み始めて、検査が終わるまでだいたい4時間ぐらいかかりました。

検査結果は特に問題なし

1日で胃と大腸カメラが終わりました。

所見は小さいポリープが2つあるものの、切除不要な大きさで特に問題なし。

何か症状が出なければ、次回の大腸カメラは2〜3年後で良いでしょうとのこと。

おわりに

詳細な結果は3、4週間後に郵送で届きますが、とりあえず今年も無事に終えることができて、ホッとしました。

おまけ

あくまでも個人比ですが、大腸がスッキリキレイになったおかげなのか、お腹のポッコリが減りました。

タイトスカートがスルッと入ったんですよ〜!

これは嬉しいおまけでした。

まあ、普通に食べて飲んでれば元通りになっちゃうんだと思いますが…。

 

人生初の胃カメラはこちら

2回目は鎮静剤使用をお願いしました