読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょうどいい時まで

ミニマム&シンプルを目指してちょうど好い加減探し

黒カビだらけの洗濯機で大丈夫?洗濯機をキレイに保つ為にやるべきこと。

スポンサーリンク

おはようございます。

昨年末洗濯機を買い換えました。 

洗濯機購入しました。洗濯機を選ぶ際の意外な落とし穴 - Just right!

いや〜新品の洗濯機っていいですね!洗濯物の洗い上がりがとてと気持ちいい。嫌な臭いもしないし。

乾燥機の機能も良くなっているのか、タオルのごわつきも一切なし。

そんな新品洗濯機をキレイに保ち、気持ち良く洗濯するためにしている事を紹介します。

ドラムを毎回乾燥させる

毎回乾燥運転していれば問題ないのですが、そうでない場合は、洗濯脱水で終わり。

そうするとドラム内は湿った状態で黒カビが発生しやすくなります。

日常のお手入れコースがきちんとあるので、使うことにします。

【槽洗浄→槽乾燥】

洗濯脱水後、洗濯槽を洗浄、洗濯物を取り出しフタを閉めると乾燥運転スタート。約30分で終了です。

このコースを通常の洗濯コースに追加すると、一回あたり約7.5円。

1日一回やったとして、一月、約240円程。

240円で洗濯機のキレイが保てるなら良しとします。

このようなコースが無い場合は洗濯機のフタをあけておくといいです。

ただし、小さいお子さんがいらっしゃるおうちは、お子さんが洗濯槽の中に落ちないようにお気を付けください。踏み台なんかを置きっぱなしは危ないですよ。

フィルターはマメに掃除

乾燥フィルターは乾燥機能を使う度に、排水フィルターは週一度掃除します。

以前の洗濯機に比べて、フィルターの形状が単純なので、掃除のハードルが下がりました。

f:id:akisan01:20170214052725j:image

使い捨てフィルタを活用

使い捨てフィルター見つけました。

f:id:akisan01:20170124131306j:image

汎用なので、排水溝フィルターのサイズに合わせてカットする必要があります。

f:id:akisan01:20170124131356j:image

こんなに薄い!

f:id:akisan01:20170124131422j:image

一週間程使ってみた画像を載せようと思いましたが、余りにも汚かったので自粛。

フィルターを摘んでポイでおしまいというわけにはいきませんでしたが、髪の毛が絡まったりしていなかったので、掃除は簡単でした。

ドラム洗浄

そろそろ購入して1ヶ月半。

我が家は液体石鹸を使っているので、おそらく石鹸カスはたまりやすい。

ということで、ドラム洗浄を。

酸素系漂白剤があれば出来るので、昔のように洗剤がないからドラム洗浄出来ないということにはならないはず。

(メーカーではドラム洗浄専用を使うように指示があるので、自己責任で酸素系漂白剤を使います)

 

槽洗浄コースですが、お手軽コース(5時間)と、しっかりコース(12時間)がありました。今回はとりあえず、5時間コースで。

石鹸を使い切ったらベビーマグちゃんの出番。

 

洗剤不要なので石鹸カスが貯まることがなく、洗濯槽や排水管も綺麗にしてくれるとのこと、今後に期待。槽洗浄必要なくなるかな。

おわりに

黒カビピロピロワカメを見てしまうと、こんなので洗濯してたのかと、嫌な気分に。

本当は、穴無しドラムの縦型洗濯機にしたかったのですが、それは叶わなかったので、とことんドラム式洗濯機を活用します。

 マメにお手入れして、キレイなまま使いたいですね。

 

我が家の洗濯機はコレ

 

以上、洗濯機のキレイを維持する方法でした。おしまい。