ちょうどいい時まで

暮らしのちょうどいいを探す

【無印良品】ぬか床をお引越し。プラ容器からホーローヘ

スポンサーリンク

ぬか床のお引越し、プラスチックタッパーからホーロー容器へ

 自家製ぬか漬けを始めてからもうすぐ1年。

買ってすぐ使えるぬか床を購入したので、タッパーは最初からついていたもの。

ぬか床生活が続くかどうかわからなかったので、プラスチックのタッパーで充分でしたが、この度お引越し。

タッパーにはいい点もありますが、気になる点も。

ホーロー容器に変えることにしました。

 

 

無印良品の密閉保存容器で、におい漏れを防ぐ

プラタッパーは軽くて、壊れにくいので扱いか簡単というメリットもありますが、においがつきやすく、細かい傷もできるので、長く使うには不向き。

そこで、使うのは、先日購入した無印良品のホーロー保存容器。

f:id:akisan01:20181008212126j:image

ホーローはにおいが付きにくく、酸にも強いのでぬか床にもピッタリ!

無印良品の保存容器はパツキンとバルブ付きなので、中身やにおい漏れを防いでくれます。

f:id:akisan01:20181008212208j:image

少し高さがありますが、冷蔵庫に入れても邪魔にはなりません。

ちょっと小さい気もしましたが、毎回少ししかつけない(きゅうり1/2本とか人参1/2本程度)ので、この大きさで充分。

むしろ、前のが大きすた気がします。

 

ぬかが減ったタイミングで

少し水っぽくなっていましたが、足しぬかは我慢。

ぬかが減ったタイミングで引越し。

f:id:akisan01:20181008211945j:image

大きい容器から

f:id:akisan01:20181008212008j:image

ちょっとコンパクトなサイズに。

ついでに、全体的にかき混ぜておきました。

 冷蔵庫内で幅を利かせていたぬか床。

コンパクトになって冷蔵庫もスッキリ。

 ぬか床の管理は冷蔵庫。

www.ii-toki.com

  

おわりに

冷蔵庫を開けるたびに気になっていたぬか床の容器。

ちょうどいい大きさのホーロー容器を探していたのですが、無印で落ち着きました。

なんだかんだで無印が便利です。

プラ容器は子供のままごとセットになりました。

f:id:akisan01:20181009054559j:image

4歳娘が自分で管理しているコーナーは謎のおもちゃと制作物でいっぱい…