ちょうどいい時まで

暮らしのちょうどいいを探す

喜んでくれるとやり甲斐もある

スポンサーリンク

最近新たに始めたクラフトバンド。

材料は相変わらず、100均のキットですが第四弾が完成しました。

作品のお披露目と、まったく関係ないやり甲斐について。

 

クラフトバンドで作るミニバスケット

以前作ったものはこちら。 

www.ii-toki.com

 

今回のは、子供にあげるお約束で作ったもの。

f:id:akisan01:20201102074431j:image

 

f:id:akisan01:20201102074504j:image

完成サイズ:約8.5㎝×13㎝×4.5㎝(レシピ表記による)

 

 色は濃いピンクとでも言いましょうか、夫は紫と言っていましたが…。

子どもが喜びそうな色を選んでみました。

 

 コレも100均のキットを使ったもの。

こんな複雑なレシピまでついていて、なかなかやるな、ダイソー!といった感じ。

 

お菓子ボックスになりました

f:id:akisan01:20201101195610j:image

出来上がったバスケットが可愛くて、かなり喜んでくれました。

何度も明け閉めしては、お菓子を詰める。

お菓子を出してはまた詰め替えて…と、詰めるお菓子を厳選してはニヤニヤしていた程。

 

これほどまでに喜んでくれると、作った甲斐がありました。

 

喜んでくれる人がいればやり甲斐アップ

ハンドメイドは作る楽しさと、出来上がったものを使う楽しさがあります。

今回のバスケットは娘が大喜びしてくれたので、作った私としても嬉しい。

 

喜んでくれるとやり甲斐がアップするのは、何もハンドメイドに限ったことではありません。

 

家事もそう。

家事にはほとんど報酬が発生ないので無償の労働提供です。

それをなぜか主婦(夫)がやるのが当たり前になっていて。
その当たり前のことをやる為の原動力は、家族の喜ぶ顔なのかなと。

 

作った食事には美味しいと言って欲しい、
部屋が片付いていたら、スッキリしていて過ごしやすいとか、
水回りがピカピカになっていたら、キレイで気持ちいいとか。

 

当たり前のことを当たり前だと思わずに、もう少し喜びを表してくれーーーーー!

(心の叫び)

 

おわりに

ハンドメイドが楽しいのは、完成した時の達成感と、そこに喜びが存在しているからかもしれません。

家事にももちろん達成感はあるけれど、家族の喜びが加わればもっとやる気がアップしそう。

どんな時も家族の喜ぶ顔は嬉しいですよね。