ちょうどいい時まで

暮らしのちょうどいいを探す

当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

withコロナの夏休み。GoToキャンペーンで日光一泊旅行

スポンサーリンク

GoToなんちゃら、あれこれありますが、いまいち活用しきれていません。

まあ、使わないなら使わないでいいんですけど、なんとなく使わないと勿体ないようね、勿体なくないような…。

 

とはいうものの、GoToキャンペーンが始まったばかりの夏、日光にお出かけしていました。

ちょっと時期がずれていますが、観光スポット紹介ということで、お出かけ記録です。

 

 

鬼怒川、日光旅1日目

向かった先

は首都圏から2,3時間ほどで行ける、栃木県の鬼怒川。

首都高、東北自動車道の渋滞もほとんどなく、3時間で目的地に到着。

涼を求めて鬼怒川ライン下り

最初の目的地は、こちら。 

東武鉄道鬼怒川駅からもすぐ。

ライン下り予約者専用駐車場ありで、1回3時間500円。

予約時間の1時間前から利用できます。

ここに車を停めて、受付を済ませたら駅前でお土産探しもいいかもしれません。

 

集合時間になったら、ライフジャケットを着用し河原へ降ります。

(150段ほどの階段があるので、滑りやすい靴やヒールののある靴は避けた方がいいです)

 

時間になったら船頭さんの案内で、船に乗り込みます。

(人数制限していて満席なのかと思いきや、普通に混んでました。乗船前のアルコール消毒とマスク着用は義務。屋外なので多少混雑していても問題ないかと思われる)

 

乗り場から6キロを船で下ります。時間にしておよそ40分。

水量により、時間は変わるそう。

この日は穏やかだったので40分ですが、20分ぐらいの日もあるんだとか。

 

 

下船後はマイクロバスで駐車場まで送ってもらえます。

焼き立ての川魚や、かき氷などを食べられるドライブインで待つことしばし。

バスがすぐ来ないあたりが商売上手(笑)しっかり、イワナと焼き団子に冷やしキュウリなどをいただきました。

 

バスで駐車場まで送ってもらってライン下りは終了です。

途中、駅でも止まってくれるので、お土産買いたい人や電車の人は助かりますね。

 

私たちが利用したのは真夏の8月ですが、今の時期は紅葉が楽しめるのではないでしょうか。もう過ぎてるかな…。

 

ライン下りは11月下旬までです。

linekudari.com

 

世界遺産、日光社寺へ

次に向かったのは日光東照宮。

東照宮、二荒山神社、輪王寺まで車で移動。

いったんホテルにチェックインし、車は置いて徒歩で向かいました。

東照宮は小学6年生の修学旅行で一度訪れたきり。

輪王寺、二荒山神社も見て回りたかったのですが、子どもも一緒なので、東照宮のみ。

 

 

東照宮まで徒歩5,6分!日光千姫物語に宿泊

今回利用したのはこちらの宿泊施設。

日光温泉 日光千姫物語

立地がとても良かったのと、GoToキャンペーンも使えそうとうことで。

 

 

グレードアッププランを選択し、夕食、朝食ともに部屋出しにしてもらいました。

子どもがいると、部屋食の方がまわりを気にせずゆっくり食べられます。

おまけにコロナ禍の今、部屋食の方が安心と言えば安心。

 

 

館内の感染対策として、

  • チェックイン時の検温と簡単な体調の聞き取り
  • ロビーなどのパブリックスペースではマスク着用
  • 館内にアルコール消毒液の設置。
  • 大浴場の混雑が予想される時間帯(主に夕方4時から6時)には最大20名までの人数制限

このような感じでした。

もちろん従業員の方は皆さんマスクでしたし、エレベーターにも同乗しないなど、気を配ってくださっていました。

 

宿泊した日は満室だったようですが、人数制限のおかげか、大浴場は全く混雑することなく、快適に利用できました。

部屋にはお風呂(普通の浴室ですが)もついていたので、大浴場で人との接触が気になる用なら、部屋風呂を利用してもいいですね。

 

食事は品数豊富。

本来、1品ずつ運んでくださるそうですが、ここでもコロナによる変更。

なんとなく、まとめて運んでくださり、接触回数を減らすことにしていたようです。

その方がお互い安心ですね。

子どもも、待ちきれなくなってしまうので、ある程度まとめて持ってきてくれて、寧ろありがたい。

 

食べきれないほどたくさんのお料理でした。

 

鬼怒川、日光旅2日目

2日目は東武ワールドスクエアで、ミニチュア世界旅行を満喫!

の予定だったのですが、暑すぎるのと、1年生娘が飽きそうだったので予定変更。

東武ワールドスクエアは子供が生まれる前にいったことがありますが、ほとんど屋外なので、真夏は避けた方が無難ですよ~

 巨大迷路で迷走

www.jalan.net

こちらも屋外施設ですが、せいぜい1時間程度だと予測して行ってみました。

 

入場料を払い、時間を記録してスタート!

板塀で作られた巨大迷路、4つのチェックポイントでスタンプを押してゴール目指す。

目標時間は25分となっていましたが、とんでもない!倍の50分かかりました。

 

大人はヘロヘロ、子どもは大喜びの施設です。

 

とりっくあーとぴあ日光で面白美術に触れる

トリックアートって、全国あちこちにありますよね。

でも行ったことが無かったので、立ち寄ることにしました。

何より暑いので、涼しい屋内施設に行きたかった。

trickart-pia.com

 

先ほどの巨大迷路から車で5分ほどの距離にあります。 

 

ここでも入り口で検温とアルコール消毒。

館内は少し混雑していまいた。

でも人との距離は2m程度十分確保できるぐらい。

 

ただし、気になったのは体験型の施設だということ。

見るだけでなく、触ってポーズをとって撮影することが多い。

あちこちいろんな人が触るし、床に寝そべっていたことも。

入り口でアルコール消毒をするとは言え、出た後の徹底的な手洗い必須です。

 

親としてはいろいろ気になるし、そんなに気になるなら行かなきゃいいのに…とも思いますが、子どもが楽しそうにしていたので良しとする。

おわりに

県外への旅行、賛否はありますが、楽しめました。

夫は4月から在宅ワークでほぼ外出もしないので、相当ストレスがたまっていた様子。

飲みに行くのも控えていましたし、帰省も見送りました。

 

今回の旅行で夫も子ちょっとはストレス解消になったのではないかと。

 

宿泊した旅館の仲居さんに、

「コロナで大変な中来てくださってありがとうございます」

とご挨拶されました。

実はこちらはこちらで「コロナで大変な時に着てすみません」と心の片隅で思っていました。

宿泊施設で感染者が出た!なんてことになったらそれこそ大変ですが、お客が来ないのも大変なんですよね。

だいたい、これだけ感染が広がってくるとどこで感染したかなんてわからない。

(まわりに感染者がいれば別ですが)

3密を避け、感染対策をしたうえでの家族旅行。

個人的にはありだと思っています。